賃貸契約時の必要書類

賃貸を借りる時の必要書類

賃貸物件契約に必要な書類

賃貸の物件を契約する時に、必要となる書類があります。まず、借り主本人の場合は、免許証や保険証等の身分証明書、3ヶ月以内にとった住民票と印鑑(認印で可)が必要になります。不動産業者によっては、源泉徴収票や納税証明書等の所得証明書の提出を求められる事もあります。次に連帯保証人についての書類ですが、こちらは実印とその印鑑証明書が必要です。その他に、保証人の身分証明書が必要になります。保証人の所得証明書については不要な場合が多いですが、稀に提出を求める不動産業者もあります。また、不動産業者から渡される書類に、連帯保証人の保証書がありますが、これは保証人本人が署名・捺印をしなくてはなりません。賃貸契約を結ぶ時に不備がないよう、しっかりと用意しましょう。

必要書類としての緊急連絡先

これから賃貸借契約で、一戸建て住宅に入居するという場合には、緊急連絡先を明記した書類を提出しなければならないことがあります。これは、連帯保証人ではなく、保証会社を利用する場合の必要書類です。連帯保証人が必要となるのか、それとも保証会社を利用するのかは、不動産会社の判断です。賃貸借契約の中でも、一戸建て住宅の場合には、保証会社を利用するようになっていることが多いので、その場合は、緊急連絡先を書類に記入して提出します。できるだけ血縁関係の中で、なおかつ、入居先から近距離に住所がある人物が求められます。

© Copyright 賃貸を借りる時の必要書類. All rights reserved.